Hyogo Sake 85 生原酒

2018年5月21日に兵庫県から新しい酒米の日本酒が6月から発売されると発表されました。その名前が「Hyogo Sake 85(ひょうご さけ エイティーファイブ)」。海外向け日本酒販売を視野に兵庫県立農林水産技術センターが開発した兵庫県北部での栽培を想定した品種です。「85」は開発中の品種番号で、それがそのまま酒米の名称になりました。精米歩合が85%という意味ではないのお間違えなく。この酒米の日本酒は2017醸造年度は兵庫県北部の3つの蔵元のみで製造されました。
そのうちの一つが山名酒造の「Hyogo Sake 85」です。

それから1年。今年は「Hyogo Sake 85」の「生酒」が発売になりました。
意外に口に含んだ時のインパクトがあります。旨味は少なめですが、強さがある味。
生酒らしい甘みはありますが、それほど後に残りません。
火入れは、開栓後の冷蔵保存をおススメしていますが、こちらの生酒は、開栓したら一気の呑みをおすすめします。
バーベキューなど肉料理にも負けない強さがありますので、集まりでワイワイと飲んでみてはいかがでしょうか。

これで生と火入れを呑み比べする楽しみが出来ました!
結果は、自分の舌でご確認ください。

精米歩合が85%という意味ではないですよ。60%の純米吟醸酒です!!

Hyogo Sake 85 生

720ml 1,836円(税込)

火入れはこちらから

Hyogo Sake 85 (火入れ)

720ml 1,728円(税込)

火入れはこちら

PAGE TOP