ORIGIN FRESH 朝日 生原酒 2018BY

自然派度 4
自然派度とは

送料・発送について

酒蔵について

SOLD OUT

720ml
お酒についてより詳しく

金額 1,620円(税込)

(今期終了しました)

菊池酒造の燦然から限定ブルーラベル「ORIGIN FRESH」が届きました! 「ORIGIN」シリーズは岡山県倉敷市と総社市にある5つの酒蔵(十八盛酒造、熊屋酒造、菊池酒造、ヨイキゲン、三宅酒造)の若手蔵元が共通のテーマで同じ銘柄の酒を醸す取り組み。繋がりのもとには高梁川の存在があるとか。一緒に仕込むのではなくて、あくまでも共通のテーマでそれぞれの蔵が仕込むそうです。詳しくは取材できていません。すみません。テーマも細かい仕込み条件ではなくて、バクっとしたものらしいです。

「FRESH」ということで、菊池酒造では原料米に「朝日」を使用した生原酒になりました。呑んだ感想は、まさに「FRESH」! 吟醸系生酒らしい甘い香りが最初にきます。最初ガラスのお猪口で呑んだのですが、原酒だからか味わいがあるぞ、と思いつつキレと残り香が少し強いかなと。ふと「これワイングラスが良いのでは・・」と思い、水屋の奥から久しぶりにワイングラスを引っ張り出してきました。日本酒を呑むには少しデザインが・・ということは勘弁していただくとして、飲んでみるとコレがイイ! 香りがまとまって、その上、キレが良くなる。なんでだろうと色々と器を変えて試してみました。どうも口当たりの器の薄さによる影響が大きそうです。今までも「器で味が変わるよー」とはよく聞いていましたが、これほど分かりやすいのは初めてかもしれません。ということで、ワイングラスで呑まれることをおすすめします。料理はサラダ、チーズ(ブルーではないもの)などが合うと思います。写真は蒸し鶏と水菜です。

文字ラベルと読んでみると、味の印象は、蔵元さんの狙い通りでした。コメントそのまま載せます。
「このブルーラベルのコンセプトは、普段日本酒を飲まれない方にも日本酒の美味しさがわかりやすく感じていただけるように、フルーティーな香りと原酒ならではの濃醇さと朝日らしいキレの良いすっきりとした味わいのお酒としています。さらに「FRESH」シリーズは、酒蔵でできあがったお酒の味わいをそのままにお伝えするため、しぼった当日に瓶詰した、フレッシュ感が詰まったお酒です。
※しぼった直後に瓶詰しているため、白いオリが生じることがございますが、品質に問題ございません。」

花見におススメの一本です!

720ml 1,620円(税込)

(今期終了しました)

PAGE TOP