fbpx

9/25(金),9/26(土) 山名酒造の自然酒を飲む会

本会は終了いたしました。参加していただいた皆様ありがとうございました。
神戸での店舗イベントは毎月最終の金・土曜日に開催します。
今回ご参加いただけなかった方は是非次回をご検討ください。

◆開催報告

9月の店舗イベントへご参加いただいた皆様ありがとうございました。
2日間、全4枠の開催を無事に終えることができました。
今回は兵庫県丹波市にあります山名酒造さんの自然酒を飲む会ということで開催しました。当店定番の自然酒「◯△□」のシリーズは米違いの飲み比べを、今年試験醸造された無添加醸造酒「木桶生酛 Yamana Sake Natural」はその複雑な味わいをお楽しみいただけたのではないかと思います。
また山名酒造を語る上では欠かせない正月酒「木札」、この季節の「冷やおろし」、「未鑑定大吟醸セカンドラベル」、そして「ゆず酒」といった自然派純米酒ではない銘柄も加えることで山名酒造さんの魅力をお伝え出来たのではないかなと考えております。

アテとしては、山名酒造さんの酒質を考えると「だしの利いた和食」が美味しいということで以下の6品+2品の計8品をお楽しみいただきました。
・無花果の田楽
・鯵の南蛮漬け
・海苔ゴーダ焼きと茸ペースト
・自家製本葛胡麻豆腐
・茄子の煮浸し
・銀杏と蛸入り具沢山うの花
・椎茸と平茸の酒蒸し
・自然栽培米・朝日のおにぎり

無花果の田楽はその意外性でお喜びいただけましたが、流石は皆さんお酒好きということで、人気は「茸ペースト」でした。椎茸と平茸の酒蒸しもあり、キノコが苦手な方がおられなかったのが幸いでした。

今回、ウエルカムドリンクとして「ゆず酒」を呑んでいただき、最後は冷やおろしの燗酒だったのですが、人気は「木札」と「木桶生酛 Yamana Sake Natural」。無添加仕込みは来年も楽しみです。

今回も通潤酒造さんの時に続いて酒蔵からの蔵元さんzoom参加を一部の枠でのみですが実施いたしました。山名酒造さんの次期蔵元である山名洋一朗さんにご参加いただき、蔵の成り立ちから無添加仕込みへのチャレンジのお話など色々とお話しいただき、その枠に参加された方はお楽しみいただけたと思います。
その他の枠の方へもお聞きした内容は店主から出来る限りお話しさせていただきました。来年の山名酒造チャレンジ酒にご期待ください!

山名さんが「野条穂」を呑まれていたので急遽「野条穂」もお出ししました・・・

(ここまで開催報告でした。以下は開催前のご案内内容です。)

◆開催のご案内(募集時の情報)

9月の自然派純米酒の会は「山名酒造の自然酒を飲む」をテーマに開催します。
兵庫県丹波市にある山名酒造は「奥丹波」の銘柄で知られる酒蔵です。
その酒蔵には以前から「自然酒シリーズ」と言われる3種類の日本酒があります。それが『◯』、『△』、『□』です。それぞれ日本酒造りには欠かせない『陽(太陽)』、『雨(水)』、『土(大地)』を表しています。このシリーズは「原料となる農家にスポットをあてる」ことを以前から行っている珍しい銘柄でもあります。それぞれの日本酒は、酒米として有名な『山田錦』、『雄町』、『五百万石』を使って醸しています。すべて無農薬・無化学肥料で栽培されています。そして、それぞれのお米は一つの農家が育てたもののみを使用しています。そのため日本酒の前面の首ラベルにその農家の名前が刻まれているのです。農家さんに取材をすると、必要な量の酒米をきちんと育てなければいけないプレッシャーと同時に、出来上がったお酒を手にした時の喜びは格別とのことでした。無農薬栽培米は、非常に手間と努力が必要な栽培方法です。その意味でも農家さんにスポットを当てることは非常に重要だと感じます。

今回は、この3銘柄の飲み比べをしていただきます。同じ酒蔵(同じ杜氏)が造った3種類の酒米のお酒を飲み比べる、しかも全て無農薬米というのはとても珍しいと思います。ぜひ体験しに来てください。

また、今年試験醸造された自然栽培(無農薬・無肥料)の酒米・山田錦を使い、蔵付きの酵母で極力何も添加しないで昔ながらの木桶で仕込まれた「木桶生酛 Yamana Sake Natural」もご提供します。
お気に入りの自然派純米酒が見つかりましたら、お帰りの際にご購入ください。

その他には、無農薬米は使用していませんが山名酒造の酒造りを感じられる以下の銘柄をご提供予定です。こちらは当店では通常販売していませんが山名酒造さんを感じていただける銘柄ということでイベント用にご準備しました。

・「木札」・・・お正月用に販売される特別なお酒を当店で半年熟成させました。生酒らしい甘みとまろやかさを感じてください。
・「奥丹波 冷やおろし」・・・この季節のお酒です。しっかりした味わいと強めの酸が燗酒に向いています。ご希望の方には同じものの当店2年熟成(非売品)との飲み比べをしていただけます。
・「未鑑定大吟醸セカンドラベル」・・・鑑評会用と同様に手間をかけて醸された純米大吟醸が蔵で半年熟成して出荷されました。

今回は以下の通り前回と同様の開催方法となります。
ご理解とご協力をお願いいたします。

  • 2時間入替制です。(ご予約をお願いします)
  • 2時間枠の間に1時間以上の空き時間を設定します。
    (入れ替りで重ならない工夫)
  • 2時間1枠の人数は最大『6名』までとします。
  • 向かいの座席はテーブル2つ分の距離を取ります 。
  • ドライもしくは冷房を入れます。
    換気は入替の時に行います。
  • ご来店時には手の消毒にご協力ください。
  • 直前でも体調に不安がある場合はキャンセルをお願いします。

開催概要

・開催日付
  2020年9月25日(金)
  2020年9月26日(土)

・ご予約制
  2時間枠入替制です。
  以下の1~4枠からお選びください。
  ※金曜日はひと枠のみです

  <ご予約枠> ひと枠6名まで
  1.9/25(金)
    18:30 ~ 20:30
     ※満席になりました。
  2.9/26(土)
    12:00 ~ 14:00
     <受付中です!>
  3.9/26(土)
    15:00 ~ 17:00
     ※満席になりました。
  4.9/26(土)
    18:00 ~ 20:00
     ※満席になりました。

・ご提供内容
  自然派純米酒7銘柄
  6種のワンプレートおつまみ
  (今回は和食です)
  自然栽培米おにぎり

・会費
  おひとり 3,500円(税込)

・一枠の参加人数
  1名~6名まで。6名以下のご予約は、
  他のお客様と相席となります。

・ご予約方法
岡酒商店のFacebookページやイベントへメッセージを送っていただくか、もしくは電子メール(contact.us@okasake.net)を送ってください。その際、ご希望の日時・ご希望の予約枠・人数 ・ 代表者のお名前とご連絡先をお伝えください。

・お会計
お会計は当日ご来店時の最初にお願いします。
現金のほか、PayPayやクレジットカードでのお支払いも可能です。

・ご提供銘柄
山名酒造さんの日本酒
 自然酒 ◯陽酒 純米吟醸
 自然酒 △雨酒 純米大吟醸
 自然酒 □土酒 純米吟醸
 木桶生酛 Yamana Sake Natural
 木札
 奥丹波 冷やおろし
 未鑑定大吟醸セカンドラベル

おつまみのご紹介

今回も基本はワンプレートで「おつまみ」を6種ご提供します。
今月のテーマは「秋のお野菜の和食」。例えば・・・
・本葛胡麻豆腐(手作り)
・具沢山のおから
・鯵の南蛮漬け(骨なし)
など、メニューは詳細検討中です。

ご予約は、電子メール(contact.us@okasake.net)もしくは岡酒商店のFacebookページやイベントへメッセージを送ってください。その際、ご希望の日時・ご希望の予約枠・人数 ・ 代表者のお名前とご連絡先をお伝えください。

ご予約お待ちしております。

神戸・岡酒商店

関連記事

  1. 20200724event
  2. curry4
  3. 奥能登の白菊×自然栽培米 加水と無加水
最近のコラム おすすめ
  1. 奥能登の白菊×自然栽培米 加水と無加水
  2. AFS-stratae-2018-800
  3. curry4
  4. curry-dish
  1. 登録されている記事はございません。

過去のコラム

PAGE TOP